「ベイマックス」映画公開を前に漫画化決定!ディズニー作品初の快挙




ディズニー作品が初めてマンガ化され、連載されることになりました。その作品はディズニー・アニメーション・スタジオ最新作「ベイマックス」(12月20日全国公開)。
ディズニー映画本編とは異なる「エピソード0」が「週刊少年マガジン 36・37合併号」(8月6日発売)に掲載された後、「マガジンSPECIAL9号」(8月20日発売)から連載がスタートする予定です。とにかく楽しみです。

スクリーンショット 2014-07-16 22.19.10
参照 = yahoo©Disney

孤独な少年と心優しいロボットの絆や冒険を描く映画「ベイマックス」

今作品は東京とアメリカの都市,サンフランシスコを融合させた都市のサンフランソウキョウが舞台です。映画「ベイマックス」の主人公の少年”ヒロ”は、ある日、謎の事故で亡くなった大好きな兄であるタダシが残した、人の心と体を癒すケアロボットのベイマックスとともに、兄の死の真相に迫っていくストーリーです。

日本にインスパイアされた『ベイマックス』を、『漫画』を通して世界に伝えたかった」とドン・ホール監督がコメント

現在、ディズニー・アニメーション・スタジオは広く世界で親しまれている日本のマンガに着目してこの作品を手がけました。「塔の上のラプンツェル」「ウォーリー」「パイレーツ・オブ・カリビアン」等のディズニー作品の単発漫画化は実はこれまでありましたが、先駆けて解禁となる「漫画連載」は、ディズニー作品では初めてなのでぜひチェックしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。