知っておきたいディズニーシー誕生のお話し




2001年9月4日に開演した東京ディズニーシー。”一度埋め立てた土地に、また海をつくる計画”
現在東京ディズニーリゾートがある舞浜は埋め立て地です。ディズニーの方々はこの舞浜の地に【海】をテーマにしたテーマパークを作ろうとしました。
しかし、東京ディズニーシーの前には違うプランもあったのです。

DPP_011
img via =otajo.jp

【ディズニーシー グランドオープン】当日のニュース番組

初期のディズニーシー構想案はディズニーハリウッドスタジオの案で進められていた?

ディズニーハリウッドスタジオというのはフロリダにある映画スタジオをテーマにしたテーマパークです。
ディズニー・ハリウッドスタジオ|オーランドベストガイド

そしてディズニーシーは最初はディズニーハリウッドスタジオの構想で作られていました。しかし、この案は白紙になりました。理由はフロリダのディズニーリゾートはパークが複数あり、数日間滞在することが多く集客には困らないが、
舞浜にある日本のディズニーリゾートではあまり客が来ないのでは…という意見が出て白紙になってしまいました。

ディズニーシーで必要とされるアトラクション

ディズニーシーのアトラクションを考えるにあたって問題がありました。
東京ディズニーシーオリジナルのアトラクションを作る必要があったので苦労したそうです。
そのおかげがあって東京ディズニーシーは想像以上の人気が出たテーマパークとなりました。

例えば、当時シーにあるアトラクションで本国アメリカにあったアトラクションはインディ・ジョーンズのみでした。
オリジナルアトラクションでいうと、人気アトラクションのセンターオブジアースは、実は世界初の技術を使って作られているのです。乗り物そのものにモーターがついている自走する新しいライド・アトラクションなんですよ。センターオブジアースに乗る機会があればこの記事のことを思い出してほしいです笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。